/

この記事は会員限定です

量子コンピューター技術、富士通が商用化へ

カナダ社に出資

[有料会員限定]

富士通は次世代の高速コンピューターとして期待される「量子コンピューター」技術の開発強化に向け、カナダのソフトウエア会社と資本提携した。富士通が20億円弱を出資する。共同で技術開発し、富士通が2017年度中に開発予定のコンピューターと組み合わせて販売する。商用化にいち早くつなげ、化学メーカーや金融機関などへの販売を目指す。

量子コンピューター用ソフト開発の1Qビット(バンクーバー市)に出資した。株式の持ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り479文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン