株、配当込みの指数で判断 編集委員 田村正之

2017/11/28付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

日経平均株価は1989年末の最高値3万8915円に比べれば依然6割弱。しかし配当を含めた指数である日経平均トータルリターン・インデックスは、実は最高値の8割の水準に回復していることはあまり知られていない。

楽天証券経済研究所の窪田真之氏は「個人は配当を含まない指数に注目しがちだが、年金など機関投資家は、日本株でも海外株でも必ず配当込みの指数で判断する」と指摘する。投資家の受け取るリターンは値上が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]