/

この記事は会員限定です

医療機器、AIが監視

富士フイルム、故障前に修理

[有料会員限定]

富士フイルムはあらゆるモノがネットにつながる「IoT」やAI(人工知能)を使って病院の業務効率化を支援する。医療機器の稼働状況をAIが常に分析し、故障前に修理するサービスを2019年に始める。医師の診断をAIが助けるシステムも開発する。

医療費抑制や人手不足で病院経営は厳しい。新サービスで医療機器の付加価値を高め、顧客をつなぎとめる。

故障防止サービスは富士フイルムのX線...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン