/

この記事は会員限定です

マンション組合、理事長解任できるか

管理規約明記なし、最高裁が初判断へ

[有料会員限定]

マンション理事会は理事長を解任できるのか――。どこのマンションでも起こりそうな争いに最高裁が初判断を示す。元理事長が起こした訴訟の弁論が30日開かれ、判決は「解任は無効」とした二審の結論を見直す可能性が高い。多くのマンションの管理規約は解任の可否を明記しておらず、今後のマンショントラブルにも影響しそうだ。

理事長はマンション管理組合のトップ。一般的に5~20人ほどの理事会メンバーから選ばれ、共用部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り772文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン