/

この記事は会員限定です

サックス奏者 須川展也(1)

開発に協力した「相棒」の楽器

[有料会員限定]

アルトサクソフォン(サックス)を初めて手にしたのは浜松市の中学校で吹奏楽部に入ったときだから、あれから40年以上の歳月がたった。サックスはほとんどの方が知っている楽器だろう。一般的には吹奏楽、ジャズ、フュージョンで使う楽器というイメージが強いのではないか。吹奏楽やジャズはもちろん大事な領域だが、僕自身はクラシックの奏者としてアプローチしている。

サックスの歴史はまだ170年ほどと浅く、オーケストラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン