防衛産業、海外に活路

2017/11/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

今回の日英の防衛装備品協力の背景には防衛省・自衛隊から防衛産業への受注が停滞している事情がある。一方で日本は防衛装備品の海外移転の経験が乏しい。国際競争に勝ち抜くハードルは低くない。

防衛装備庁によると、日本の防衛産業の今の市場規模は約1.8兆円。家庭用電気機器(約1.8兆円)や造船(約1.6兆円)と同等だ。扱う防衛装備品は車両、艦船、航空機から弾薬、燃料まで幅広い。三菱重工業や川崎重工業のほか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]