宅配、年末遅れ対策急ぐ 人手確保なお懸念
ヤマト、1週間前の連絡要請/佐川は集荷に予約制

2017/11/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宅配便各社が年末の配達の遅れを防ぐための対策を急いでいる。ヤマト運輸は新規の法人客に対して発送の1週間前に連絡するように要請する。佐川急便は集荷依頼を前日までの予約制にする。2016年12月は荷物の増加と人手不足で遅配が相次ぎ発生した。各社は人材確保を急ぐが、計画通りに採用できず配送に混乱が生じる懸念が残る。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]