/

この記事は会員限定です

診療報酬改定の論点(上)医療の質評価、一層反映を

高機能病床の削減進めよ 池田俊也・国際医療福祉大学教授

[有料会員限定]

2018年4月の診療報酬などの改定は「惑星直列」の様相を呈している。診療報酬改定は2年に1回、介護報酬改定は3年に1回の改定であり、18年度は6年に1回の両者の同時改定となる。これに加えて第7次医療計画と第7期介護保険事業計画もスタートする。様々な医療・介護施策が同時進行し、大きな改革が進むと予想されている。

改革の前提として、人口減少社会の到来と急速な少子高齢化の進行が挙げられる。少子高齢化の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2778文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン