(シネマ万華鏡)火花
狂気抱えた青春の熱

2017/11/24付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

芥川賞を受賞して、ブームをまきおこした又吉直樹の小説を映画化。監督に又吉の先輩のお笑い芸人であり、俳優であり、映画監督としても「板尾創路の脱獄王」(2010年)、「月光ノ仮面」(12年)ですでに非凡な才を見せている板尾創路(いつじ)。題材にとって、これほどうってつけな監督はない。

20歳の漫才師、徳永(菅田(すだ)将暉)は、熱海の花火大会のそえものの野外演芸に出演したとき、4歳上の神谷(桐谷健太…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]