/

この記事は会員限定です

ネルソンス指揮ボストン響

管・打楽器のパワーは圧巻

[有料会員限定]

ボストン交響楽団は、小澤征爾が1973年から2002年まで音楽監督をつとめたことで、アメリカのオーケストラの中でも、日本の音楽ファンになじみが深い。現在の音楽監督、アンドリス・ネルソンスとの来日公演から、7日サントリーホールの公演を聴いた。

曲目はすべてロシアの作品。ネルソンスは、かつてソビエト連邦に属したラトビアの出身だけに、ロシア音楽への親近感も深いのだろう。

前半はチャイコフスキーのヴァイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン