/

この記事は会員限定です

米ICO、VCより集金力

仮想通貨で資金調達、法的裏付けに危うさ

[有料会員限定]

【シリコンバレー=中西豊紀】ベンチャー企業による仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)が米国で急拡大している。調達額は従来のベンチャーキャピタル(VC)をしのぐ規模に膨らみ、9月は1000億円近い資金を集めた。ICOが、起業後間もない企業を支える「エンジェル」などの役割にとって代わるとの指摘がある一方、取引ルールの不在や高いリスクなど危うさも目立っている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン