2018年9月21日(金)

新興国、資金流入に一巡感
地政学リスクで慎重姿勢 米税制改革も逆風に

2017/11/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 世界の投資家が新興国の株式や債券への投資を手控え始めている。中東や北朝鮮などでの地政学リスクの高まりを受けて、慎重姿勢を強めているためだ。新興国では金融環境の安定や企業収益の改善を背景に年初から資金流入が続いてきたが、足元では一巡感が出ている。米税制改革の行方次第では長期金利が大きく上昇し、新興国への逆風が強まるとの指摘もある。

 世界の投資信託の資金流出入の動向を調査する米EPFRグローバルによ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報