2018年6月22日(金)

岡山大学教授 沈建仁さん 光合成解明 自然に近づけ(3)

2017/11/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

  日本での留学先は東京農工大学の環境保護学科を選ぶ。国内で初めて「環境」を専門として創設された学科で、大気汚染を研究する。

 担当の森田茂廣先生に手紙を送ったところ快く受け入れてくれました。研究テーマは大気汚染物質のオゾンによる植物の生育への影響です。植物をオゾンにさらすと、どう枯れていくのか。植物の生育が悪くなる原因は光合成の活性が落ちるからです。光合成は水を水素と酸素に分解する反応なので、酸素…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報