/

この記事は会員限定です

ごみ45種類に分別 リサイクル率80%

企業誘致も進める

[有料会員限定]

上勝町は2003年に、ごみの発生をゼロに近づけるとする「ゼロ・ウェイスト」を宣言。ごみを45種類に分別するなどの取り組みを進めており、廃棄物におけるリサイクル率は約80%と全国屈指の高さだ。

目的は環境保全やごみ処理費用の削減。同町は高齢者が料理のつまものを栽培・販売する「葉っぱビジネス」でも知られる。先進的な取り組みを学ぼうと、国内の自治体だけではなく、カンボジアやブータンなど海外からも視察が相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン