/

この記事は会員限定です

ITで農業効率化

ウォーターセルはドローンで生育確認、BM&Wは安価な水位センサー

[有料会員限定]

ベンチャー企業がIT(情報技術)で農業を効率化するシステムやセンサーを相次ぎ発売する。農業支援システムのウォーターセル(新潟市)はドローン(小型無人機)で生育状況を確認できるシステムを開発する。ソフトウエアのBM&W(同)は低価格の水位測定センサーを売る。大手のシステム企業や農機会社が強い分野だが、特徴ある商品で省人化を目指す生産者に売り込む。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン