/

この記事は会員限定です

新材料の報告が契機に

[有料会員限定]

全固体電池が次世代電池として注目を集めたのは2011年、東京工業大学の菅野了次教授とトヨタ自動車が新たな固体電解質を報告してからだ。既存の電解液よりもリチウムイオンが通りやすかった。リチウムイオン電池の開発でノーベル賞の候補に挙がる旭化成の吉野彰名誉フェローは「画期的だった。それまで課題だった出力が長所になった」と評価する。

電気自動車などで実用化するには容量や寿命などの性能を高める必要がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン