2018年12月14日(金)

進化するEV次世代電源「全固体電池」
物材機構、容量1.5倍に 東工大・トヨタ、出力3倍超 20年代前半実用化へ

2017/11/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

電気自動車(EV)でリチウムイオン電池に続く次世代電源と期待される「全固体電池」の実用化に向けた技術開発が進んでいる。物質・材料研究機構は負極材料にシリコンを利用し、負極の容量を約10倍に高めた。東京工業大学とトヨタ自動車などは電解質を改良して出力を向上。大阪府立大学は正極材料を変えて寿命を高めた。2020年代前半の実用化を目指す。

リチウムイオン電池などの蓄電池は一般に、正極と負極、リチウムイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

新材料の報告が契機に[有料会員限定]

2017/11/20付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報