/

この記事は会員限定です

「通園・通学」24%どまり

福島・川俣町の山木屋地区 教委調査

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う避難指示が3月に解除された福島県川俣町山木屋地区について、同町の教育委員会は同地区で2018年4月に開校する小中一貫校と幼稚園の通学意向調査をまとめた。回答した57人のうち「通園・通学する」と答えたのは24.6%にとどまった。

対象は東日本大震災発生前の居住者と、山木屋地区に住所があった両親から震災後に生まれた子供で、1歳から中学2年生まで。49世帯の85人の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン