2017年12月17日(日)

身の回りの発電(6) 電気よ水田で実れ 微生物活用

2017/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 田んぼでとれるものはコメだけではない。今夏、千葉県野田市にある野田自然共生ファームの水田で、電気の収穫が試みられた。イネの周りには、ドーナツ型の電極が浮かんでいる。水田にすむ微生物を使って電気を取り出す実験だ。東京薬科大学の渡辺一哉教授らが手がけた。

 イネの根から光合成によって出る有機物を土の中の微生物が分解する。このときに電子が生じ、細胞内に取り込んだ酸素に渡すことでエネルギーを得ている。中に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

渡辺一哉東京薬科大学



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報