/

この記事は会員限定です

米新聞・TV兼業可能に 連邦通信委が規制緩和

再編促し生き残りに道

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米連邦通信委員会(FCC)は16日、メディア規制を緩和する方針を決めた。1つの企業が同じ地域で新聞とテレビを兼業できるようにするほか、テレビ局同士の合併を認める基準を緩める。地方の新聞社やテレビ局はインターネットニュースの普及など情報源の多様化で苦戦しており、「時代遅れ」規制の緩和により合従連衡が一気に進む可能性もある。

FCCが公開会合で投票し、委員5人のうち3人が賛成し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り285文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン