/

この記事は会員限定です

大日本住友、精神疾患薬を中国で強化

情報担当者3倍に

[有料会員限定]

大日本住友製薬は2022年までに、中国で精神疾患の治療薬のMR(医薬情報担当者)を現在の30人から100人まで3倍強に増やす。同社は18年度をめどに、米国で年間1700億円以上を売り上げる主力の抗精神病薬を中国で発売する予定で、売り込みの体制を併せて強化する。

中国では従来、精神疾患への認知度が日本や米国より低く、治療薬の市場規模は年1000億円程度にとどまる。ただ今後は患者が増え、需要は伸びる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン