1.6%成長に上向く 今年度予測
輸出・投資が支え 株高、消費に追い風

2017/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本経済は1%程度とされる潜在成長率を上回る成長が続くとの観測が広がっている。民間エコノミスト10人が15日まとめた最新予測によると、2017年度の実質経済成長率の平均は1.6%で、16年度の1.3%から回復が上向く。プラス成長は3年連続で、世界経済の拡大を追い風とする輸出と企業の省力化投資の伸びが両輪だ。来年の春季労使交渉(春闘)での賃上げが不発なら、低温消費から抜け出せないリスクも残る。

内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]