「紹介状ない患者」負担増 来年度、1.5倍400病院
厚労省、医療提供を効率的に

2017/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は2018年度にも、病院の紹介状(3面きょうのことば)なしで受診した際に、患者から追加料金を徴収する大病院を増やす。現在は500床以上の大病院に限っているが、「400床以上」を軸に中規模病院にも対象を拡大。病院数を260程度から約400まで5割増やす。深刻な患者集中や医療スタッフ不足で大病院が高度な専門性を発揮できなくなっており、緊急度の低い患者を地域のかかりつけ医などに誘導する狙い。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]