東南ア、緩む財政規律
マレーシア、歳出伸び7%超 フィリピン、インフラに巨費

2017/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司】東南アジア各国の財政規律が緩み始めている。マレーシアが2018年度(1~12月)の予算案で6年ぶりの高い伸びとなる歳出計画を打ち出したほか、フィリピンも大規模なインフラ投資を計画している。米国が緩やかな利上げを実施する中でも、アジア通貨が比較的安定していることが背景にある。選挙に向けて有権者の受けを狙った「バラマキ」が、歳出を膨らませている側面もある。

マレーシアのナジ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]