/

この記事は会員限定です

がん新薬競争 薬価揺さぶる

1回5000万円、効果「劇的」 保険制度の見直し迫る

[有料会員限定]

がん細胞を強力に攻撃するように遺伝子を改変した免疫細胞。がんを撲滅する可能性があるとして、世界中の製薬会社がこれを応用した新薬開発にしのぎを削っている。ただこの新技術、壊すのはがんだけではない。日本の薬価制度や製薬会社の研究体制をも揺さぶる破壊力を秘めている。

この新薬を簡単に言えば、ヒトの免疫細胞の一つであるT細胞を取り出して遺伝的に加工し、がんに対する攻撃力を高めた上で患者の体に戻す、という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン