/

この記事は会員限定です

ワクチン、お待ちを インフル流行期を前に

製造遅れ予防接種滞る

[有料会員限定]

インフルエンザのワクチン製造が遅れた影響で、医療現場のワクチン不足が深刻になっている。本格的な流行期を前に入荷のメドが立たず、予約を打ち切る医療機関もあり、接種希望者は「何件も断られた」と嘆く。厚生労働省は12月には安定供給が可能になるとして「流行前に必要量は確保できる。もう少し待ってほしい」と呼びかけている。

「毎日30~40件の問い合わせが来るが断らざるを得ない。まるでワクチン難民だ」。東京都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン