カジノ受注競争 号砲 米シーザーズ、苫小牧・大阪に提案 依存症対策も説明

2017/11/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米カジノ大手シーザーズ・エンターテインメントは、北海道苫小牧市と大阪府・大阪市に統合型リゾート(IR)の事業構想を提案したと明らかにした。ギャンブル依存症の発生を抑えるプログラムも説明した。法律の枠組みが整備されるのに先だって具体的な構想を自治体に提案する動きが本格化してきた。

来日したジャン・ジョーンズ・ブラックハースト上級副社長が明らかにした。日本では昨年末にIR推進法が成立し、来年には実施…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]