東芝半導体 最後の孝行
4~9月、営業益最高の2300億円 メモリー事業が9割稼ぐ

2017/11/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東芝が9日発表した2017年4~9月期の連結決算は営業利益が前年同期と比べて2.5倍の2317億円で、過去最高だった。フラッシュメモリー事業がけん引した。米投資ファンドを軸にした日米韓連合への売却で合意済みで、上期として「最後の孝行」を果たした。(関連記事を企業総合面に)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]