県立校の屋根 太陽光発電に  県、事業者を公募

2017/11/9付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

神奈川県は8日、太陽光発電の設置スペースとして県立校の屋根を使う事業者の公募を始めた。設置可能面積は合計で約1400平方メートルで、県有施設の屋根を貸し出すのは2012年以来約5年ぶり。県は太陽光を中心とした再生可能エネルギーの普及を進めており、継続的なモデル事業とするねらいだ。

設置対象は商工高校(横浜市)、藤沢西高校(藤沢市)、えびな支援学校(海老名…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]