/

この記事は会員限定です

アメーバ経営 開発にも 京セラ

スマホから医療・製薬へ

[有料会員限定]

京セラが関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)に持つ中央研究所(京都府精華町)は全国6カ所にある研究所の中核施設だ。スマートフォン(スマホ)用部品の高機能化に加え、嗅覚センサーや脱毛治療など新分野にも乗り出す。経営と同じく「アメーバ」と呼ぶ小集団で開発陣が予算や進捗管理を徹底し、分野横断で新事業領域を開拓するのが強みだ。

採算管理を徹底

各地に分散していた開発機能を統合して1995年7月に設立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン