/

この記事は会員限定です

名鉄、JRタワー効果で増益へ

今期、上方修正

[有料会員限定]

名古屋鉄道は7日、2018年3月期の連結純利益が、前期比15%増の270億円になりそうだと発表した。鉄道など交通事業が好調で、従来予想を9億円上方修正した。安藤隆司社長は決算会見で「JRゲートタワーの開業効果で、名鉄名古屋駅の乗降客数が伸びている」と説明。同社の路線の核に位置する名鉄名古屋駅の好調が、業績を下支えしている。

17年4~9月期の名鉄名古屋駅の乗降客数は前年同期比4%伸びた。鉄道全体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン