2019年1月17日(木)

そばやクルミ、味の競演
「笠間いなり」具材は変わり種

2017/11/7付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

陶芸の里として知られる茨城県笠間市。日本三大稲荷(いなり)の1つである笠間稲荷神社には全国から参拝客が訪れており、9月末には茨城県出身の横綱、稀勢の里が奉納土俵入りを披露した。地元では稲荷神社にちなんだいなりずしが長く親しまれてきたが、最近は一風変わった「笠間いなり寿司」が人気だ。そばやクルミなどを具材に使う「変わり種」が特徴で、街おこしに貢献している。

地元産の御影石「稲田石」の石畳が敷かれた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

<マメ知識>笠間、坂本九さんと深い縁[有料会員限定]

2017/11/7付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報