/

この記事は会員限定です

そばやクルミ、味の競演

「笠間いなり」具材は変わり種

[有料会員限定]

陶芸の里として知られる茨城県笠間市。日本三大稲荷(いなり)の1つである笠間稲荷神社には全国から参拝客が訪れており、9月末には茨城県出身の横綱、稀勢の里が奉納土俵入りを披露した。地元では稲荷神社にちなんだいなりずしが長く親しまれてきたが、最近は一風変わった「笠間いなり寿司」が人気だ。そばやクルミなどを具材に使う「変わり種」が特徴で、街おこしに貢献している。

地元産の御影石「稲田石」の石畳が敷かれた笠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン