/

この記事は会員限定です

東京・新宿のIT企業 空き家でキノコ栽培

駒ケ根で

[有料会員限定]

システム開発を手掛けるサイブリッジグループ(東京・新宿)は空き店舗や空き家を使った野菜作りを本格化する。駒ケ根市の空き店舗で7月から栽培しているキノコを収穫し、販売し始めた。IT(情報技術)を生かして広大な土地を必要としない農業モデルの確立を目指しており、今後他の地域でも展開する。

JR駒ケ根駅前の書店だった空き店舗を改装し、キノコの一種であるタモギタケの室内生産を始めた。温度や湿度をITで遠隔管...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン