「北朝鮮に最大限の圧力」 日米首脳会談
対日赤字削減へ協議 インド太平洋戦略推進

2017/11/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相は6日、都内の迎賓館でトランプ米大統領と会談した。北朝鮮に核・ミサイル開発の放棄を迫るため、最大限の圧力をかける方針で一致。トランプ氏は対日貿易赤字の削減を要求し、米国製の防衛装備品の購入拡大を促した。2国間の貿易・投資の協議継続を確認。オーストラリアやインドなどと協力する「自由で開かれたインド太平洋戦略」推進でも合意した。

トランプ氏は「公式実務訪問賓客」として来日した。首相との

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]