/

この記事は会員限定です

愛媛県、14日に伊方原発の事故訓練

ドローンも活用

[有料会員限定]

愛媛県は四国電力伊方原子力発電所(同県伊方町)の重大事故を想定した原子力防災訓練を14日に実施する。県や伊方町の他、近隣の市町や大分県など100機関の約2万3千人が参加予定。避難路の被災状況の確認を目的に、今年初めてドローン(小型無人機)を使った情報収集も行われる。

ドローンは事前に設定したルートを「自律飛行」させ、上空から撮影した映像を県庁の災害対策本部で確認す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン