重要法案、来年に先送り
働き方改革やカジノ設置 企業・自治体、計画遅れも

2017/11/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府・与党は1日召集の特別国会で審議する法案について、国家公務員給与法改正案などにとどめる方針だ。働き方改革関連やカジノを中心とする統合型リゾート(IR)実施法案といった重要法案の提出は来年1月召集の通常国会に先送りする。働き方改革やIR整備に向けて企業や自治体が想定していた計画が狂い、対策に影響を与える恐れもある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]