トランプ減税綱渡り 法人税20%に恒久化法案 共和党内対立なお

2017/11/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権と与党・共和党が目指す30年ぶりの大型税制改革案が固まった。連邦法人税率を35%から20%へと下げて恒久減税とするのが柱だ。減税規模は10年で1.5兆ドルと当初構想より縮小したが、トランプ大統領は「歴史上最大の減税だ」と力説する。共和党は一枚岩とは言い切れず、政権が目指す年内の法案成立は綱渡りだ。

「米経済にとってこれほど重要なことはない」。下院で議会共和党…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]