次期議長にパウエル氏 米、続くFRB頼み
低金利派、穏健な出口探る

2017/11/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】トランプ米大統領は2日、米連邦準備理事会(FRB=総合2面きょうのことば)の次期議長にジェローム・パウエル理事(64)を指名した。同氏は法律専門家で、ウォール街出身。エコノミストではない議長は約40年ぶりで、低金利政策を支持している。政権は成長重視路線の後押しを期待するが、政策の停滞をごまかすように低金利に頼り続ければ、債務膨張など経済のリスクは増す。(関連記事総合1、国

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]