英、10年ぶり利上げ 物価高抑制へ緩和縮小

2017/11/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ロンドン=篠崎健太】英中央銀行のイングランド銀行は2日、金融政策委員会で政策金利を過去最低の0.25%から0.50%に引き上げることを決めたと発表した。利上げは2007年7月以来10年4カ月ぶりで、08年秋に起きた金融危機後では初めて。通貨ポンド安により勢いづく物価高を抑える。ただ今後の利上げは「非常に緩やか」とし、正常化には時間をかける方針を強調した。

米国とユーロ圏に続き金融緩和策の縮小に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]