米議会、SNS企業批判 ロシア疑惑で追及
フェイスブック幹部呼び公聴会、広告「世論操作」拭えず

2017/11/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中西豊紀】米議会が交流サイト(SNS)企業への批判を強めている。ロシア政府がサービスを悪用し、世論操作に使った疑いがあるためで、1日にはフェイスブックなどの幹部を呼び公聴会を開いた。コンテンツに責任を持つメディアなのかプラットフォームを提供するだけの存在なのかが論点。議論の行方次第では成長に黄信号がともる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]