税制改正、企業負担減が柱
財務・経産省の来年度案 賃上げ・承継後押し

2017/11/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

財務省と経済産業省は2018年度の税制改正で、賃金を上げる企業と事業を後継者に引き継ぐ企業への税優遇を充実する方針だ。企業の生産性を高めるため、人材への投資と事業承継を支援する。米国が法人税率の引き下げを計画しており、企業には国際競争力の観点から税優遇を求める声が多い。企業から投資をうまく引き出す仕組み作りが課題となる。

両省は大きな賃上げをする企業に減税をする制度を検討する。賃上げをする企業へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]