消費者心理連続で改善 10月、4年1カ月ぶり高さ

2017/11/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

内閣府が2日発表した10月の消費動向調査によると、消費者の心理を示す一般世帯の消費者態度指数(季節調整値)は44.5となり、前月を0.6ポイント上回った。改善は2カ月連続で、東京五輪開催が決まった2013年9月以来4年1カ月ぶりの高さとなった。雇用の改善や株高で資産が増えると感じた消費者が多く、心理の改善につながったとみられる。

消費者態度指数は暮らし向きと雇用、収入の増え方、耐久消費財の買い時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]