世界共通の重要課題 日本企業も危機意識を 宗像直子・特許庁長官に聞く

2017/11/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

特許紛争を巡る構図の変化に日本政府や企業はどのような対応を求められるのか。現状と今後の課題について、宗像直子・特許庁長官に聞いた。

――異業種間の特許紛争では何が問題になるのでしょうか。

「従来の同業他社間の争いに比べ、紛争解決が困難になりがちということだ。クロスライセンスなどの解決を図りにくいうえ、ライセンス料の相場観や交渉の進め方も違うなど障害が多い」

「あらゆる製品やサービスで無線通信技術…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]