/

この記事は会員限定です

EV時代の足音(3)テスラに迫る包囲網

[有料会員限定]

「2022年に量産型ガソリン車を出す。その名も『モデルT』だ」

10月9日、テスラの最高経営責任者(CEO)、イーロン・マスクは記者会見でこう宣言すると、会場は笑いに包まれた。電気自動車(EV)専業のテスラがガソリン車を出すはずはない。少し前までEVに懐疑的だった自動車各社が判で押したようにEV投入を発表する状況をからかったのだ。

米フォード・モーターの創業者、ヘンリー・フォードが開発した量産車が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン