TPP、月内合意へ進展 首席交渉官会合が閉幕
凍結項目50候補の3分の1確定 残りは閣僚級折衝へ

2017/11/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)加盟11カ国の首席交渉官会合が1日、千葉県浦安市で3日間の日程を終え閉幕した。米国参加当時のオリジナル版TPPのうちどの項目を凍結するかが焦点で、今回は約50の候補項目の約3分の1は凍結が確定。議論は進展したものの残る項目の扱いは8日からの閣僚折衝に持ち越す見込みで、首脳レベルの月内大筋合意に向けきわどい折衝が待ち受ける。

トランプ米政権がTPPから離脱し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]