/

この記事は会員限定です

拓銀・山一破綻20年(3)証券 ネット勢が台頭

手数料自由化、中小は淘汰

[有料会員限定]

総合口座数で「盟主」の野村証券に次ぐ2位に浮上――。ネット最大手、SBI証券の口座数は今年、ついに400万を突破した。純利益ではおよそ7分の1と大きく引き離されているものの、「野村超えをめざす」と、北尾吉孝会長の鼻息は荒い。

かつての「四大証券」の一角、山一証券の自主廃業から20年。「最大の変化はインターネット証券の台頭だった」(日本証券業協会の平田公一専務執行役)。その原動力は当時の橋本龍太郎首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン