/

この記事は会員限定です

人工知能の国別論文数、米中印の3強に

[有料会員限定]

日本経済新聞は学術出版大手のエルゼビア(オランダ・アムステルダム)と共同で、2万以上の学術誌を収めたデータベースから人工知能(AI)に関する研究論文の国別動向について調べた。研究論文は特許申請や技術開発を通じて、新たな市場の創出や国の成長につながる。AIは次なる産業革命の起爆剤とみられており、各国の研究競争から目が離せない。

各国にある機関が出した論文を集計した。2016年までは実績で、17~3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン