外需企業、3つの追い風 半導体特需・自動化投資・資源高 内需組、一部はもたつく

2017/11/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

上場企業の2017年4~9月期の決算発表が31日、前半のピークを迎えた。世界景気の好調を支えに、半導体の特需、自動化投資の拡大、資源価格の回復という3つの追い風を生かして利益を増やす外需企業が相次いだ。下期以降の成長持続に自信をのぞかせる外需企業が多い半面、人手不足などが重荷となっている内需企業には業績回復にもたつく企業もある。(1面参照

今回の業績拡大の最大のけん引役は、世界的な半導体の需要…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]