キリンHD、一転最高益 今期2%増の1200億円

2017/11/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

キリンホールディングスは31日、2017年12月期の連結純利益が前期比2%増の1200億円になりそうだと発表した。従来予想は4%減の1140億円だったが、一転して過去最高を見込む。オーストラリアの酒類・飲料子会社の物流事業で合弁解消に伴い売却益が発生する。構造改革に絡む特別損失が、当初想定の270億円を下回りそうなことも寄与する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]