キリンHD、アムジェンと合弁を解消 全株式858億円で売却

2017/11/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

キリンホールディングス(HD)は31日、米製薬大手のアムジェンとの合弁を解消すると発表した。キリンHDが保有する合弁会社、キリン・アムジェンの全株式をアムジェン側へ約858億円で売却する。売却時期は今後詰める。30年以上続いた提携だが、合弁設立時からの環境変化を踏まえ解消を決めた。

キリンHDとアムジェンは1984年に折半出資で合弁を設立。キリン・アムジェンは腎性貧血治療薬「エスポー」や好中球減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]